敏感肌の洗顔方法やおすすめ洗顔はどれ?

スキンケアの基本は洗顔ですが、汗や汚れを落とすための洗顔も敏感肌の乾燥している状態の肌には刺激が強く、ゴシゴシとは洗わずやさしく洗うことが大切です。
メイクを落とす時には、マスカラやリップなどの落ちにくいポイントメイクは専用リムーバーを使い、やさしく落としていきます。クレンジングは、肌への負担が少ないジェルやミルク、クリームを使用して、こすらないように注意して顔全体になじませてから洗い流します。
洗い流す時に熱いお湯で流してしまうと、肌のうるおいを守ってくれている皮脂まで洗い流してしまうので、熱いお湯ではなくぬるま湯で洗い流しましょう。洗顔の際は、しっかりと泡立てることが重要です。
指先が顔に触れないようにやさしくたっぷりの泡で洗います。洗い流す時は、クレンジング同様にぬるま湯で洗い流します。泡がフェイスラインや紙の生え際に残らないように丁寧に洗い流しましょう。洗顔後はタオルでこすらないよう軽く押し当てて水分を吸い取るように拭きとり、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。
洗いすぎが肌を敏感にさせてしまうことがあります。特に敏感だなと感じる時は、朝の洗顔には洗顔料を使わずぬるま湯で洗い流す程度で肌に負担をかけないことも必要です。
さまざまな洗顔料が発売されていますが、洗浄力が強いと皮脂を流しすぎてしまい乾燥してしまう可能性があるので敏感肌の場合は、アミノ酸系の洗浄力がマイルドな洗顔料がおすすめです。
敏感肌では、敏感肌用でも自分の肌に合う合わないがあります。洗顔料には香料やアルコールなどが含まれるので、成分表を確認しましょう。無添加と表示があるものも、アレルギーを起こす可能性があるとして表示を義務付けられた成分を1種類でも含まれていなければ無添加を表示ができるため、肌にやさしいとは言い切れないので注意が必要です。
肌に直接つける洗顔料は特に敏感肌の方は注意して選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です