信用できない人とできる人の見分け方はなに?

職場でみかける「信用できない人」
信用できない人とできる人の見分け方はあるのでしょうか?

見分けるポイントを一つ挙げるなら「利己的か?利他的か?」です。
参考:職場で信用できない人の特徴10選と共通点【信用できる人の見分け方も解説】

利己的とは自分自身の利益のみを追求し他者が困っても何食わぬ顔をできる人。
一方、利他的とは相手ファーストで他者への思いやり、困っていたら助ける慮りの精神を持つ人のことです。

つまり、優先順位が相手か自分かということです。

ちなみに信用できない人の特徴を挙げると以下のようなものがあります。
【特徴1】平気で嘘をつく約束を守らない人
【特徴2】他人の秘密を簡単にばらす人
【特徴3】自分が得することしか考えない人
【特徴4】デリカシーがない人
【特徴5】軽蔑的態度でディスる人

全く相手のことを考えない利己的主義者はまず信用しないほうがいいです。
言動でもすぐに分かります、その行動が自分自身に向けられた損得勘定のものであれば信用しないでおきましょう。

信用してしまうとあなた自身の私生活にもネガティブな影響をおよぼします。
付き合うメリットは一切なし、さっさと縁をきることをおすすめします。

もし職場に信用できない人がいて縁が切れなければ転職も視野に行動したほうがよいでしょう。
職場内に信用できない人がいてもあなたがどうこうできません(辞めさせることも不可能)

あなた自身の身を守る意味でも将来を見据えて行動するのが吉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です