「ハレとケ」=ハレの日とケガレ、神社神道からきている、日本人とはとはとてもレベルの高い解釈を持つ民族だと思う。

「ハレとケ」ってなんじゃらほい。
・まず「ハレ」とは、晴れであり、儀礼やお祭、年中行事などの非日常の日の事。
折り目や節目を指す概念であり、ハレの語源は、そのまま「晴れ」のこと。
「晴れの舞台」生涯に一度ほどの大事な場面や「晴れ着」節目の時に着用する服などの言う意味で使用されている。
・次に「ケ」だが「ハレの日」に対して、日常生活を営むためのエネルギーが枯渇することから「ケガレ(褻・枯れ)」であり「不浄」であり「清め・祓い」であり、また葬式はケガレを表し、結婚式が「ハレの日」の反対のケガレになる。そのために日本の神道では、塩を穢れを祓い清める力を持つとみなし。祭壇に塩を供えたり、塩をまいたりする。すべての解釈は、神社神道からきている。
「ハレとケ」=ハレの日とケガレ・・・、
すべての神社神道からきている。日本人とはとはとてもレベルの高い解釈を持つ民族だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です